よくある質問

塾全体で、よく聞かれることを書きました。全体、小学生、中学生、高校生に分けてご紹介します。

入塾テストや条件などはありますか?

全て、最初の個別相談会で判断します。

入塾テストや内申◎◎以上のような成績上の条件は全くありません。

ただ、最初の個別相談会での親子の様子、塾で行っている指導への理解の差が大きい場合はお断りすることもあります。

もしくは「次のテスト後に再度懇談会」にする場合もあります。こうすると、どこの塾でも良いという方は再び来ることなく連絡もありません。

大事にしているのは、その場で入塾させることではなく、保護者の方が塾屋の指導を望んでいるかです。

月謝が高めではないですか?

気になる方は、年間の費用で比較してください。

塾屋の月謝は、特に中学生・高校生は月謝を他塾よりも高めに設定しています。

というのも、個別指導塾・進学塾は「月謝を安く、講習を高く(多く)」という経営をしています。だから、月謝で比較すると安く見えますが、夏期や受験期の講習は高く、結局、年間の費用は変わりません。

一方、塾屋では、夏期・冬期の講習費用について「80%の生徒が毎回0円」にしてあります。それだけ日ごろの指導で講習がいらないように指導しているからです。

なので、年間で比較すると大きな差になります。

大手塾・個別指導塾・予備校と塾屋で年間費用を比較して検証済です。

心配な方は個別懇談時にお渡しする14年間予定表に全て記載があるので比較してみてくださいね。

他の講師は大学生ですか?

そうです。ただし、役割を明確に分けています。

多くの塾では大学生に「授業」をさせています。

しかし、塾屋では大学生に授業はさせません。スタッフに任せる部分と任せない部分を明確にしてあるからです。

塾の指導のなかで、スタッフに任せている部分は、どれも大学生だからこそ得意な部分だったり、教師を目指す大学生が得意な部分だけです。

例えば、どれだけ優秀な大学生でも、生徒の生活指導はできません。そういった部分は任せずに塾長が引き受けます。

なので、スタッフは任されたことだけに専念し責任ある指導をします。各スタッフについては、スタッフ紹介のページをご覧ください。

塾から遠い学区ですが・・・

車で40分の方も何名かいらっしゃいます。

ここ最近は、塾の学区よりかなり遠い方も増えてきました。

距離 < 良い塾・通わせたい塾

という考えの方が増えているのはとても嬉しいことです。

ただ、部活や高校への通学などで物理的に通えなくなる時期が来る可能性もあるのだけは最初にご理解ください。塾としては、距離に関わらず指導を望まれる方には通ってもらいたいと思っています。

<過去(現在も含む)の遠い通塾者>

安城市の東部・東郷町・刈谷市の南部・豊田市の中心部

早めに予約をしてもいいですか?

塾生の兄弟姉妹以外の予約は廃止しました。

例えば、中1の4月に予約しておいて半年後、一年後に懇談をしたとします。

予約した時の熱量以上になっていることはないでしょう。そして、事情が半年・一年すれば変わってきます。

2017年7月までは予約を受け付けていましたが大事な「成果」の面で上手くいかないケースがあったため、塾生の兄弟姉妹以外の予約は廃止させていただきました。

塾屋が大事にしているのは、生徒を1名でも増やすことではありません。

塾本来の仕事・役割を最優先して今後も「塾屋に期待されている方」にとって最高の学習塾を目指して精進していきます。

なお、これらの質問に加え、体験中・入塾後によくある質問は約100ページにおよぶ「よくある質問ブック」を発行しており体験・入塾される全ての方に配布しております。