[新通知表]中学校の通知表、ABCのナゾ、5段階のナゾに迫る

目次

2021年度より中学校の通知表が「新通知表」になっています

特に大きな告知もなく、説明もなく2021年度より中学校の通知表が「変わりました」

これは、4年に1回行われている教科書改訂のようなものではなく、2002年度以来の「大改訂」なんです

どう変わったか、詳しくは「何が変わったの?」のページを参照していただくとして、今回は

・通知表についている[ABC]のナゾ ※学校によっては◎〇△

・内申の1~5のナゾ

について書きます

通知表についているABCのナゾに迫る!

ここで書かれている内容は、過去の塾生の通知表の研究、文科省の資料、教師へのヒアリングをもとに書いていますので、100%どの学校にも当てはまる!とは言えません。しかし、今までよりも劇的に通知表を理解し、通知表をあげる手助けになることは間違いありません

ABCはどうやって付けられているのか?

通知表には各教科で、3つの項目があり、それぞれにABCがつきます ※学校によっては◎〇△ですが必ず3段階です

そのABCですが、これは各先生が「データ」で管理しています。間違っても、先生の主観や印象でABCを付けることはありません。特に中学校は「高校入試で使う」ため、生徒の将来に大きく関わりますので

その「データ」を3学期制なら、1学期ごと、2学期制なら、前期の平均で評価します

そして、最後の通知表は「学年」とあり、一年間の平均で評価されます

どれくらいでAになるの?

肝心な「どれくらいでA評価になるのか?」ですが、これはいろいろ調査しても一律同じようで

A:80%以上 B:60~79% C:60%未満

例えば、毎週、英単語の小テスト(10問)があるとします

それを4・5月は事前に勉強していて、10問中満点の10点が続いたけど、6・7月で勉強しなくなって5・6点が続いたとします

そうなると、小テストの評価としては平均すれば8割(8点)には届かず「B」となります

こういった評価を、定期テストや授業、提出物などで日々行われていて、集計されています

(各項目、何が評価に入るかについては、別の記事で書きます)

中学校の通知表、5段階のナゾに迫る!

先ほど書いたABCの評価をした後で、その教科が5なのか4なのか、2なのか1なのか・・・を付けています

(とはいえ、実際にはパソコン上で入力した結果、自動的に内申の数字が決まっている場合が多いです)

【重要】54321は、ABCの数で決まっている!

3項目のABCの数で決まっています。例えば、上からABBの通知表とBBAの通知表、BABの通知表は同じ内申です

組み合わせ例(ある市の場合)

5:AAA 要するにオールAで5

4:AAB 要するに1つだけBなら4

3:ABB、BBB 要するにA1つまでは3

2:BBC、BCC、(ABC、AAC) 要するにCが1つでもあれば2

1:CCC 要するにオールCで1

実際に聞いた話では、AACやABCになるような子はかなり稀らしいです

なので

例えばBBCで内申2の子は、ABCを目指しても2のままなので、CのところをBに変えないと3にならないわけです

この組み合わせを知っているだけで、どれが内申として「上げられそうか」も見えてきますよね

まとめ

今回は、新通知表のなかでも「ABCの付け方」「54321の付け方」をお伝えしました

「じゃぁ、どうやってBをAにするんだ!」とか「どんな内容が通知表に入るんや!」というのは、また別の記事を書いています

関連記事またはブログ内検索で「通知表」と入力してみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる