自分主導で過ごしたかどうかの結果

目次

今日は全編、中3に向けて書きます

・・・が、おそらく中3の受験生以外でも通じる話にもなると思いますので、具体的な部分は中3ですが大事なメッセージは受け取ってもらえるんじゃないかなと思います(^^♪

通知表が返ってきた、模試も返ってきた・・・んで??

前期の通知表が返ってきました。4月に計画した通りに内申が取れているでしょうか、取れていない教科や項目を全員チェックしましたが、今日からでも意識して後半で挽回しないといけませんね!

模試も返ってきたので返却して、どこに注目すればいいのか、これはどういう意味なのかを説明しました。模試の結果にメモをしていると思いますので、説明してくれるはずです。いや、説明させてやってください。人は誰かに話す、説明することで内容をより理解し、記憶します。今の現状を口頭で報告することで明日以降の意識がさらに高まるはずです

でも、通知表も模試もすでに出てしまった結果です。良かった場合も気を抜けば悪くなるし、悪かった場合も今から意識すれば挽回(逆転)できるものはたくさんあるはずです

受験対策HOPも後半戦ですが・・・

8月から開始している受験対策HOPですが(シール銅の子限定)、この受験対策の期限は12月上旬ですので、今がちょうど半分です。中間地点として、受験対策がどこまで進んでいるのか各自で確認して周りの子の進み具合も見てもらいました

別に早く終わるかどうかを競っているのではありません。でも、ガチ受験で志望校に行くなら受験対策をしないと受験で戦える実力はついていきません。事実、受験対策を完了せずに公立高校(進学校に限る)を第一志望で合格した子は過去に1人もいません

結局、一番言いたいことはね・・・

塾長

今のその状況は、自分で作り出した結果なのか、知らぬ間にそうなったのか・・・ってことが大事なんだよ

というメッセージを伝えました

受験対策だって内申だって『自分で試行錯誤して、計画・実行をしていって出した結果』ならいいんです。仮に失敗してもね

でも、それが何も計画せず、実行せず、それを修正したりもせず、周りに言われるまで放置して・・・の失敗(うまくいっていない)のなら最悪です

自己管理って、自分主導ってことです

自己管理とはいいかえると「自分主導」だと思っています

良いも悪いもありますし、壁にぶつかることもありますが、それを自分主導(自分が主人公として自分からアクションを起こす)で次の動きを決めていくのが自己管理です

中3の皆さん、今日まで受験勉強について、目標の内申を取ることについて自分主導でやっていたでしょうか

誰かに言われるのを待っていたり、怒られるまで放置していたり、与えられたことだけやっていればいいと「楽」していませんか?

実は自分主導は「大変」なんですよ?だって、自分が最初に気づいて動かないといけないからね

でも、自分主導だから「楽しい」んです♪自分主導は『楽』じゃないけど『楽』しい。楽って不思議な漢字だね~

塾の壁にあるよね?令和の自立って話。あれは自己管理のコツ5つってことなんだけどね

「解」

「求」

「律」

「発」

「決」

内容は教室で壁の文字を読んで理解してくれ

今日がガチ受験勢の最後のムチだ

高校受験をガチ受験する中3は、ここで後期の通知表だったり受験対策の計画を修正していかないと「オワリ」です

なので、今日の授業で話したことが最後の「ムチ」です。この「ムチ」をキッカケにできれば、まだゴールできます!

変わっていけるのは自分自身だけ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる