【2021年度から】中学校の通知表が変わった!どう変わった?どこを見ればいい?

2020年度より小学校、2021年度には中学校の通知表が変わります。ここでは、新しくなった通知表の実物をもとに、これまでに累計5000枚の通知表を見てきた塾屋のじゅくちょーが「ここだけは見て欲しい!!」点をお伝えします(^^♪

※このブログを最初に作成した当時は、まだ2021年度の通知表がスタートする前でした。最新情報はこちらのブログでご確認ください。中学の新通知表が丸わかりです

以下は、2020年度までと何が変わったのか?という点だけ掲載してあります。旧通知表との比較が気になる方はご覧ください

目次

2021年の通知表から変わった点

(別に2019年より前の通知表には興味ない!という方はここは飛ばしてくださいね)

保護者の方に知ってほしい変更点は3つ

いろいろ変ったよ!という正式な情報はあるんですが、ここでは保護者の方目線で知っておいてほしい点だけ3つ挙げます

知っておいてほしい変更点1:項目が全教科3つになったよ

今までは国語5、他の教科は4つの項目(観点)でABCとかを付けていましたが、全教科3項目で統一されました

知っておいてほしい変更点2:項目の順番が変わったよ

今までの項目(観点)の順番と今回の通知表では順番が変わりました。詳しくは後ほど

知っておいてほしい変更点3:所見は通年で1回になったよ

実際の「変化」についてはこちらからお読みください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる